Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

山形花火大会2017の日程と会場紹介!穴場な場所って?

      2017/06/18

山形花火大会は、東北地方でも人気の高い花火大会で、今年で38回目となります。

今年は「絢爛心舞(けんらんしんぶ) ~夢と未来への架け橋~」というテーマで、およそ20,000発もの花火が山形の夜空を彩ります。

この記事では、そんな山形花火大会2017の日程や会場、穴場な場所について、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

山形花火大会2017の日程は?

日付:2017年8月14日(月曜日)※小雨決行、荒天字は中止
時間:19時00分~21時00分(予定)

会場は?

1.打ち上げ場所
須川河畔・反田橋付近(住所:山形県山形市下反田)

2.アクセス方法
電車の場合:JR山形駅から臨時直行バスでおよそ25分。
車の場合:山形自動車道・山形蔵王ICから山形県庁(無料駐車場)までおよそ5分。山形県庁より臨時直行バスでおよそ35分。

駐車場は?

1.山形県庁(無料、1200台収容。住所:山形県山形市松波2丁目8-1)
2.あかねケ丘陸上競技場(無料、250台収容。住所:山形県山形市あかねケ丘2-4-1)
3.山形県工業技術センター(無料、100台収容。住所:山形県山形市松栄2丁目2-1)
4.山形駅西口駐車場(有料、345台収容。住所: 山形県山形市城南町1丁目1-1)

※各駐車場から会場までは、臨時直行バスが運行されます。会場付近には駐車場がありません。
※臨時直行バス:大人(中学生以上)500円、子供(小学生以上)250円。当日15時より運行。

スポンサーリンク

穴場な場所は?

花火大会

1.西公園(住所:山形県山形市大字門伝3114-10)

打ち上げ会場からは4kmほど離れていますが、さえぎるものなく綺麗に花火を見ることができます。無料駐車場も完備されていますし、広い公園なので、混雑も少なめで、のんびりと花火観覧できますよ。遊具もありますし、子ども連れの方におススメです♪

2.富神山

会場から7kmほど離れていますが、山頂から見る花火はとても綺麗です。ただ、車で山頂まで行くことができないため、徒歩で20~30分ほど登る必要があります。帰りは暗い中を山道を下ることになるので、歩きに自信のない方にはおすすめできません。

 

 

特別さじき席の紹介!

7月1日より特別さじき席が販売されます。定員2名のベンチ席(5000円)から、定員4名のスペシャル席(20000円)まで、各種ありますので、詳しくは、山形花火大会公式HP(http://hanabi.gr.jp/special/)をご覧ください。

特別さじき席チケットを購入した方は、山形出身アーティストによるライブステージを見ることができますよ♪

まとめ

いかがでしたか?伝統的な手筒花火や、一般公募によるメッセージ花火、小学生による花火デザインコンクールなど、見所たくさんですので、今年の夏はぜひ山形花火大会に行ってみてくださいね。

スポンサーリンク