Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

淀川花火大会2017の日程時間&穴場特集!最寄り駅は?

      2017/06/27

地元を愛してやまない地域ボランティアによって開催されている、「なにわ淀川花火大会」が2017年もやってきました!今年で第29回目を迎えますが、昨年同様に大盛況になる予感しかありませんね♪

そんな淀川花火大会2017の日程や時間について、穴場スポット、最寄り駅などのアクセス情報をお伝えさせて頂きます。

こちらに掲載の情報があれば、当日楽しめること間違いありませんよ!

スポンサーリンク

日程時間について

日程:2017年8月5日(土)、雨天決行で順延予定ナシ
時間:午後7時40分~午後8時40分
場所:新御堂筋淀川鉄橋より下流国道2号線までの淀川 河川敷
問い合わせ先:なにわ淀川花火大会運営委員会、06-6307-7765

花火大会の穴場情報!

花火大会当日は十三側も梅田側も大混雑必至です!可能なら混雑の少ない穴場で観たいですよね?そこで、淀川花火大会の穴場スポットをご紹介していきます。

・本庄公園
住所:大阪府大阪市北区本庄西3丁目11
最寄り駅:「天神橋筋六丁目駅」から徒歩約15分

本庄公園は打ち上げ会場から少し離れているので、混雑具合はかなりマシです。というのもこちらの公園は穴場の中ではスポットとして知られるようになってきました。

でも、淀川の混雑に比べれば比較にならないくらい空いていると言えます。混雑嫌いな人にはオススメですね!

最寄り駅からは混雑ナシで約15分、駐車場はありませんので電車でアクセスされると良いでしょう。

・淀川河川公園海老江地区テニスコート
住所:大阪府大阪市福島区海老江3丁目地内

メイン会場の梅田側から少し下流に位置する河川公園になります。花火会場からは距離も近いですから、見応えはメイン会場と変わりません!

しかも混雑具合も比較的マシですから、オススメですよ♪

デメリットは花火大会に沢山出ている屋台をほとんど楽しめません。その点にはご注意ください。

アクセス情報!最寄り駅は?

最寄り駅

会場が「十三会場」と「梅田会場」がありますので、分けて紹介します。

・十三会場
JR東西線「御幣島駅」
阪神電鉄「姫島駅」
阪急電鉄「南方駅」「十三駅」
地下鉄「西中島南方駅」

・梅田会場
阪急電鉄「梅田駅」
地下鉄千日前線「野田阪神駅」
阪神電鉄「野田駅」
JR「大阪駅」
地下鉄「梅田駅」
JR東西線「海老江駅」

最寄り駅からでも、午後6時を過ぎてしまうと、最寄り駅からでも会場へのアクセスにかなりの時間を費やしてしまう可能性があります。

オープニングに間に合わないことも考えられますので、最寄り駅へのアクセスも早めが断然オススメです。

専用駐車場は用意されていませんので、アクセスは公共交通機関を利用して最寄り駅からアクセスされるようにしてください。交通規制も当日はありますので、近くまでの車でのアクセスは難しいでしょう。

交通規制の詳細はこちら⇒
http://www.yodohanabi.com/html/kisei/kisei.html

スポンサーリンク

有料観覧席について!

当日は協賛観覧席として有料席が用意されています。こちらは人気となっているので例年、完売されているとのことですから、早めに予約しておきましょう。

※2016年の価格ですので、今年は変更する場合もあります。

・エキサイティングシート:大人9,000円、子供5,000円
・アリーナシート:大人7,000円、子供4,000円
・アリーナシート当日券:大人8,000円、子供5,000円
※エキサイティングシートは当日券がありません。

その他にも多数観覧席の用意がありますので、早めにチェックしておいてくださいね。

有料観覧席についてはこちら⇒
http://www.yodohanabi.com/html/sale/sale.html

まとめ

花火大会

淀川花火大会は非公開ながら約20,000発とも言われるほど、数多くの花火を満喫することができます!しかも大阪の中心部に近い会場なので多くの来場者が予定されていますので混雑必至です。

しっかりと楽しむためにも、穴場スポットを利用したり、有料観覧席を使ってみてはいかがでしょうか?

それでは、なにわ淀川花火大会2017をタップリと満喫してください。

スポンサーリンク