Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

腰痛にツボ押しは効かない!?筋トレや運動で症状を緩和!

      2016/06/13

腰痛

たくさんの方が経験のある、腰痛。肉体労働をして家族を支えているお父さんや、家事や育児を頑張っているお母さん、また最近では小学生も腰痛を訴える人が増えています。

さて、その腰痛ですが、皆さんはどのようにして痛みを和らげていますか。

マッサージをしてもらったり、自分でツボ押しをすると気持ちいいですよね。かなり楽になったように感じる方も多いでしょう。では実際に効果的と言えるのでしょうか?

本当はツボ押しよりも、筋トレや運動の方が腰痛を緩和するのに効果的だとも言えるんです。この記事では腰痛を効果的に緩和する方法、について紹介していますので参考にしてください。

スポンサーリンク

ツボ押しって効果ないの?

実は、この『ツボ押し』ですがあまり意味がないかもしれないんです。ツボ押しによって、ある程度体は楽になりますが、比較的軽い症状の腰痛にしか効きません。

そもそも、腰痛の原因はというと、大きく分けて2つあり、1つは骨の異常から痛みを感じる場合、もう1つは『筋肉』の異常からくる痛みなのです。

骨の異常からくる腰痛について

腰痛

わたしたち人間は、背骨の椎間板という、骨と骨の間にある円形の線維軟骨に軟骨性があるおかげで、ある程度の伸縮ができたり、背骨にかかる衝撃を痛みとして感じることなく生活できているのです。そのため健康な状態であれば、ジャンプしたり走ったりしても、腰は痛くなりません。

しかし椎間板の老化は早いため、25歳を過ぎる頃から徐々に椎間板中央部の水分が減り始め、35歳以降になるとさらにその周りの部分の水分も減少し、弾力性が失われていきます。

そうして水分が減ってくることで、軟骨性が弱まり、背骨にかかる衝撃が緩和されなくなっていく。結果、腰痛が起こりやすくなるのです。歩行などで地面から受ける衝撃を直接背骨に伝えてしまうので、腰が痛くなるのです。

スポンサーリンク

筋肉の異常からくる腰痛について

先程お話しした背骨の前後には、体を前に曲げるための筋肉と、後ろに反らせるための筋肉がついています。この背骨の前と後ろ両方の筋肉バランスがうまく取れていると、背骨と前後の筋肉両方に負担はかかりません。

しかし、これが体を前に曲げる筋肉が縮んだまま、つまり猫背のような状態がつづくと、張力のバランスが崩れてしまい、後ろに反らせる筋肉への負担が増えることになります。その結果、腰痛が起こるのです。

筋トレが腰痛に効果的!

腰痛 筋トレ

さて、これら2つの原因を考えると、改善策が見えてきませんか。

そう、腰痛を改善する方法、それは『筋肉を鍛えること』です!骨の老化を遅らせることは難しいですが、筋力トレーニングでバランスの取れた体に近づけることは可能です。

現在腰痛に悩んでいて、運動不足だなぁと思う方は、普段から少しでも動く努力をしてみましょう。1日10分のウォーキングからでも構いません。自分にあった運動を徐々に増やし、筋力をつけていきましょう。

また、先程の説明にもあったように、背骨前後の筋肉バランスは大切です。バランスの取れた筋肉を目指して、腹筋もしくは背筋を行ってみるのも良いかもしれません。

その他に、姿勢を良くすることも筋肉のバランスを整えます。普段の姿勢を1度鏡でチェックしてみてはいかがですか。

まとめ

youtsuu3

でも、普段のちょっとした運動や気づかいで、その痛みが緩和されるかもしれません。是非1度試してみて下さい。

それでも症状が改善されなかったり、腰痛があまりにひどい場合は、無理をせず病院を受診して下さいね。

スポンサーリンク